院長ブログ

2019.09.01更新

連休を利用して歯茎の再建、歯周形成外科手術後に行う、審美的な差し歯の作り方、エビデンスに裏打ちされた構成を補綴専門医の先生のところで勉強してきました。

マイクロスコープを使って、歯茎を再建して失った組織の厚みや部位を回復した後に、歯の無い部分にはインプラントないし、ブリッジを行うのですが、

それをより審美的に魅せる方法を勉強してきました。技工士さんに作って貰う時にもより細かく具体的な指示ができるようになりました。

その知識、技術の一部を保険診療にも反映していきたいと思います。

知識、実習の技術の認定書いただきました。補綴専門医木林先生と記念撮影。

木林先生と

投稿者: いとう歯科

side_tel.png
お問合せはこちら