院長ブログ

2014.10.29更新

歯を残す為に基本治療は不変ではありますが、オプションの選択肢を増やす為に日々精進しております。今回、改めて歯周病治療専門ドクターとして、我々が率先してインプラントや入れ歯の為に歯を抜くという事があってはならないという事を認識させられました。「我々専門家が残せなければ、誰が残せるのか?」という問いかけに奮い立される思いをしました。歯を残せない最終ラインが今回の勉強会でだいぶ変わりました。今まで文献の裏付けない治療法が、システム化され成功に導く方法が整理され発表されたからです。当院でも導入していきたいと考えています。
ペリオとインプラントのための審美形成外科
歯とインプラント周囲の歯肉退縮の審美的治療
歯内療法から修復へ 歯内療法を一番に考える

投稿者: いとう歯科

2014.10.25更新

スタッフも勉強会に参加してきました。患者さんの口腔内機能、環境の向上するため日々精進しております。チーム医療の実践、高齢者歯周治療、妊産婦の歯科治療、定期検診時における口腔機能改善の取り組みなど多岐に渡り勉強してきたみたいです。
ただの知識だけでは終わらせずに医院のスタッフ全体で情報を共有し、実践していけるように取り組んでいきます。
 

投稿者: いとう歯科

2014.10.25更新


 
エンド

 先日行われました国際歯科学会に参加してきました。神経の治療(歯内治療学)や歯周治療による歯周組織の再建と再生を目的とした形成外科も勉強してきました。

投稿者: いとう歯科

2014.10.14更新

高齢者や入院患者さんなどに多くみられる誤嚥性肺炎。死に至る事もあるこの病気を予防するため、嚥下障害の方にどのように治療をアプローチしていくかの勉強会に先日参加してきました。藤田保健衛生大学口腔外科の教授から貴重な資料を教えていただきました。

投稿者: いとう歯科

side_tel.png
お問合せはこちら