院長ブログ

2017.02.09更新

この機械。もともとインプラント治療に用いる為に用意してあったものですが、多少消耗品がある為、ランニングコストは掛かりますが、機械を眠らせておくよりは、患者さんの為になればと思い、親不知の抜歯や保険診療での外科手術でも使用するようにしました。ソニックエクスパンジョンテクニッックを用いて下顎の骨の中に埋まっている親不知抜歯を何件か行いましたが、このテクニック凄いかもしれません。70代、50代、40代、30代、10代に、骨の中に埋まっている親不知抜歯をこの新しいテクニックを用いて行いました。どの症例も難易度高い症例でしたが、患者さんの感想を聞いてみると、「反対側の抜歯よりも痛み、腫れが少なく、楽だった。」とか、「全然腫れ、痛みありませんでした。」とか、「わずかに腫れましたけど、腫れたのは次の日だけでした。」などと、お言葉をいただきました。以前より勉強会で評判を聞いていたのですが、実際臨床で用いてみると、僕が思っていたより術後の経過が全然違い、驚かされました。本当に体の負担が少ないですね。

sonic expannsion

投稿者: いとう歯科

2017.02.05更新

歯科矯正(SAS)の定例勉強会に参加してきました。午前は講義中心の勉強会、午後はケースを持ち寄ってカンファレンス形式のグループディスカッションです。総合病院や大学病院など医局員が多い講座は、様々な先生に相談しながら診療を行えますが、開業医では日々臨床に臨んんでいる時は、一人で孤独なんですよ。自分の専門以外の分野について不安があるとなかなか相談できる先生がいないのですが、SASの勉強会には矯正だけではない他の分野のスペシャリストが多くみえ、ゴールは同じなんですが、様々な角度のアプローチがあり、見落としがちポイントなどや最新の器具、道具、材料など助言SAS20171stしてもらえるので、非常に心強く思いながら日々臨床に臨めています。治療法は一つでは無いので、色々ご相談下さい。予後の経過など自分が行った症例数が少なく、時には即答しかねる事があるかもしれませんが、そういう時は、このような勉強会に参加している先生にも加わっていただき症例検討会を行いたいと思います。できるだけ多くのご要望に叶えれるよう精進しております。

日曜診療は、事前の約束が無ければ、休診させていただきます。当日の救急に関しては名古屋に戻る夕方以降の夜間となります。悪しからずご協力の程よろしくお願いします。

 

投稿者: いとう歯科

2017.02.01更新

どうしてもお子さんに薬を飲ませないといけない時、親御さんは苦労しますよね。薬に飲み合わせていいものをご存知の方は少ないかと思われます。僕自身も先日まで知りませんでした。正確に言えばいけない事は分かっていましたが、何だったらいいかを知りませんでした。

ここでは歯科でよく使われる抗生物質に限って話をさせていただきます。

 抗生物質Mアクト,Fモックス,Cリスなどとオレンジジュースを一緒に飲むのは辞めた方がいいです。薬の苦味のみが最後に残って、苦味を強調させます。

 アイスクリーム、コンデンスミルク、チョコレートミルクなどと一緒に飲むのが効果的です。服薬ゼリーはFモックスのみ有効でそれ以外の薬には有効ではありません。気をつけましょう。詳しくは健康ステーションに記載しておきます。

 

投稿者: いとう歯科

side_tel.png
お問合せはこちら