虫歯治療・歯の神経治療・予防歯科・その他治療

むし歯治療

リスク判定検査

保険外にはなりますが、当院ではお口の中の細菌量、質の検査、生体の虫歯歯周病進行防御因子活動量検査を行う事ができます。その結果から虫歯、歯周病のリスクの大きさを判定します。同時に生活習慣の改善ポイントをアドバイスできます。虫歯菌の検査と同時に、歯周病菌の検査をも同時に行う事ができます。

エアーアブストラクション(エアーフロー)による虫歯治療

エアーアブストラクションとは強力なエアーフローで、空気の力を使い、お口の汚れだけではなく、初期虫歯の溶けている部分だけを吹き飛ばす事ができる装置です。
タービン(一般的な歯医者さんで歯を削る時に使うキュィーンって音がでる機械)の代わりに歯を削れる装置が色々開発されましたが、この装置もその内の一つです。患者さんの負担は少ないのですが、清掃の手間など管理維持や装置が高額だった為、日本で導入している医院は0.1%以下といわれています。
この装置を使った初期虫歯の治療(歯が溶けている事が確認できているケース)や乳歯の虫歯治療には体の負担が減り有用です。
当院では初期虫歯の初期では歯を削る治療は行いません。悪しからずご了承を…。

予防歯科

虫歯にならないための予防歯科のレクチャーを、患者さんに行います。
患者さん一人一人リスク因子が違います。各因子を調べ、それに対してケアーを行っていけば、恐れる事はありません。

予防のために普段できること

 虫歯・歯周病予防のために、正しいブラッシングを心掛けましょう。まずは歯ブラシで磨き、それでも歯垢が残るなら歯間ブラシを併用しましょう。「磨いている」と「磨けている」は違います。
 どうしても磨き残しがある場合は、コンサルティングを行います。そして、歯並び、歯の大きさ、使用する道具を考慮して「磨き残しが出る」理由を探ります。そのうえで、効果的な歯磨き方をアドバイスいたします。
 虫歯予防には場合により、キシリトールガムなどを歯磨きに併用するのも効果的です。
定期検診は、4ヶ月に1回が目安です。これは、虫歯や歯周病が悪化する前のタイミングです。希望される方には、定期検診の案内をお送りしています。
 もし虫歯が出来てしまっても軽度の初期虫歯であれば、歯を削る必要はありません。歯磨きをきちんと行えば、進行する事はありません。歯を削ると有機質の少ない固い組織を取りきってしまう可能性があるため、柔らかい組織が露出し、歯が脆くなる可能性があります。当院ではまず、フッ素とレーザーを併用し、歯を保護する「膜」を作ります。これにより虫歯菌の出す酸に対して、対酸性が向上します。そしてブラシングの確認。その後も定期検診時に進行度、リスクの確認を行います。

PMTC

PMTCとは「専門的機械歯面清掃」のことで、当院では歯科医師または熟練の歯科衛生士が行います。患者さんの歯のあらゆる汚れに対し、エアーフローや歯磨き粉(各種)、歯間ブラシ、超音波ブラシ、スケーリングなど、さまざまな器具を使ってクリーニングします。

根管治療 精密歯内療法

歯の神経や、歯の根を治療する事が根管治療です。根管治療は通常目視で確認できない歯の中を0.1mm単位で細部の細部を治療する事になるので、熟練の治療技術が必要とされています。
どんなに優れた技術を持っていても、勘で処置を行う治療と目視しながら処置を行う治療どちらが確実な治療ができると思いますか?当院では600倍のマイクロスコープを使用し、根の先端まで目視して施術を行います。マイクロスコープにカメラも内蔵しているので、モニターにも表示できますし、写真として患者さんにも見えるようにする事も出来ます。
無菌治療を徹底する為、あらゆる道具の滅菌(細菌を0にする殺菌消毒の事)やガス滅菌済みラバーダムシートの使用など治療精度向上する努力をさせて頂いています。
破折した歯は患者さんに状況を説明させて頂いて、必要に応じて専用の機械を用いて感染源を除去させて頂き、薬MTAなどを用いて、破折部位の修復治療を行わせていただきます。


歯ぎしり

就寝中の歯ぎしり防止には、就寝中に装着するマウスピースが効果的です。マウスピースにはソフト・ハードの2種類の硬さがあり、また厚さも各種あります。患者さんの症状や口の形、噛み合わせの力にマッチしたマウスピースを、オーダーメイドで作成します。当院がおすすめしているのは、適度な噛み心地があり、柔軟性がフィットする「ソフトとハードのミックスタイプ」です。どのマウスピースも、透明な材質から、国旗風のカラフルな色合いまで、さまざまなデザインから選んでいただけます。

スポーツ歯科

スポーツ愛好者・選手が、スポーツによる外傷で歯を失う場合や、口内に傷を負うケースは少なくありません。スポーツ歯科とは、歯科医学の立場から、スポーツ愛好者・選手の皆さまをサポートしていくというものです。当医院では、歯やアゴなどの怪我を防止するために、お一人お一人の歯に合わせて、ゴム製のマウスピースを作成しております。上あごに装着したマウスピースは、衝撃を吸収する役割があるため、安全にスポーツを楽しんで頂くことができます。

歯を削らない虫歯治療(ドックベストセメント)

ドックベストセメント(Doc’s Best Cement)は歯の神経保護と抗菌作用(銅イオンの殺菌力)を持つ銅セメントです。銅イオンの持続的な殺菌力は深い虫歯治療において大変有効で、殺菌効果が24時間程度しか持続しない3Mix-MP抗菌剤療法より画期的な治療法です。

 虫歯菌に犯された感染歯質は、すべて取り除くのが原則です。しかし、虫歯の進行が深いケースでは、感染歯質をすべて取ると歯の神経が出てしまう場合があります。
そのため、歯の神経を保存させるため、以前は感染歯質を残したまま3Mix-MP抗菌剤療法していました。しかし、3Mix-MP抗菌剤療法は、硬化しないため薬が漏れないように封鎖する必要や、毎回使用する直前に調合する必要があり、この作業が完璧でないと効果がありません。
その点、 ドックベストセメントは歯科用セメントなので完全に固まってしまい、操作が煩雑でないぶんミスが少なくなります。しかも充填後、感染歯質は再石灰化し治癒してしまうという優れものです。

 また、このDoc’s Best Cementは3Mix-MP抗菌剤療法のように薬効低下はなく永続的な効果があるため、一回の治療で充分です。それに抗生剤を使用しないため、耐性菌やアレルギー等の心配はありません。

side_tel.png
お問合せはこちら