高機能外来(インプラント・入れ歯・歯を削らない虫歯治療)

当院の治療の基本理念は「なるべく歯を残す治療」です。

たたとえ歯がグラグラであっても、歯は残せるならば残すべきです。
炎症をコントロールできれば、痛みは抑えられますし、食べ物を咬めるようになります。
例えば、インプラントは神経が無いので、歯ごたえを感じられにくくなってしまうなどの欠点があります。
本物の歯に勝るものはないのです。
「何らかの原因で歯を喪失してしまった時は、インプラント、高機能義歯による咬合回復も行っております。」
また当院では、他院で施術したインプラントのトラブル、
「インプラント周囲炎(インプラントの歯周病)の治療や「インプラント矯正」といったインプラント関連の治療も、
なるべく刺激の少ない方法で行っています。

インプラント

年齢を重ねるにつれ、虫歯や病気、あるいは事故などで歯を失ってしまう場合があります。永久歯は失うと二度と生え変わってこないので、今までは「入れ歯」などを用いるしか補う方法はありませんでした。しかし、「入れ歯」だと固いものが噛めない、発音がおかしい、また長く使用している間に合わなくなってきてしまう場合があります。このように、歯を失ってお悩みの方に新しい治療法、「インプラント治療」をご紹介いたします。
料用インプラントとは、失ってしまった天然歯根の代用となる人工の歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、それを土台に人工の歯を装着する治療法です。
入れ歯のように歯茎に義歯を乗せるだけの治療方法と異なり、使わない顎骨が痩せるという心配もなく、また、従来のブリッジのように、健全な歯を削る必要もありません。
インプラントを装着した後は、痛みや違和感を伴わずに、歯本来の機能を保つことができます。
そして、残った健康な歯を長持ちさせ、予防歯科にも貢献することにもなります。

入れ歯

金属床

金属はプラスチックに対し強度が高いため、同じ強さを持つ床を作るのに、床の厚みを大変薄くすることができるというメリットを持っています。
有床義歯はどうしても口の中での違和感が生じます。それを「仕方がないもの」とあきらめず、いかに違和感を減らし、装用感を高めるか。それが金属床の大きなテーマです。
メリットとしては、熱を感じ易く、食事の味が分かり易い。土台の骨の吸収が殆ど無く、長期間使用できる。ほとんどの症例で使用することができ、割れにくく変形しにくい。ただ慣れるまでの間、若干重量を感じる。歯茎と入れ歯の間に若干物が挟まる。などの欠点もあります。

ハイグレード(チタン床)

チタンという金属の特徴は、生体親和性が高く金属アレルギーが出にくい事と、重さが金の約1/4、熱伝導率が貴金属の1/20程度から総義歯、部分義歯に適した材料です。異物感が少なく、温感に優れ、臭いがつきにくく、壊れにくい強さを有しています。
装着感に重量を感じる事はありません。作製時に加工が困難で、高い技術力が求められる欠点はあります。総義歯ばかりでなく残っている歯に磁石を用いて装着するタイプの義歯や、残存している歯にばねをかけるタイプ、ばねの代わりにジョイントする器具を用いたアタッチメントと組み合わせて義歯を作る事も可能です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプすなわち金属のバネの無い入れ歯です。フレキシブルデンチャーとも呼ばれています。歯を固定する装置と床の部分が同一素材で作ることができるため、シンプルで審美性に優れています。素材はプラスティック系のナイロン素材です。半透明で歯茎の色調と同化します。軽くて弾力性があり、破折に強い素材でもあります。日本では最近になって知られるようになりましたが、アメリカでは50年以上の実績があり、材質もFDA(食品衛生医薬局)に認可されています。

コーヌスクローネ義歯(コーヌスクローネテレスコープ)

保険の入れ歯との装着感は全く違います。コーヌスクローネは内冠、外冠の適合密着力でしっかり固定されるため、口の中で入れ歯が動くことがありません。そのため入れ歯に馴染めない方でもしっかり自分の体の一部として使うことができます。歯茎にくいこまないので痛くありません。
審美性も非常に良好です。コーヌス義歯を支える歯は、保険の入れ歯のバネのかかった歯に比べ、かなり長持ちします。コーヌス義歯は、残った歯の全体を連続して支えているので、全ての残存歯をしっかりと支え、固定し、歯周病に対し大きな効果を発揮します。
歯が抜けてしまっても作り直しが殆ど無く、修理だけで十分使用できます。歯に対する健康、審美意識の最も高いドイツで、半世紀以上にわたる多くの臨床実績があります。
コーヌス義歯は咬み合わせのバランスで予後が左右されます。変形、破損の原因になる咬み合わせはちょっとした事で変化します。天然歯同様、その度に調整が必要です。
構成パーツが多い為、治療費がインプラント治療よりも高額になる事もあります。(1歯に内冠と外冠と2つの冠が入るので、単純計算で治療費が倍になる。)
平行性がとれない歯に削る量が多くなる事もあります。
作製時に治療精度が必要です。作製、調整に技術を必要とする事。テクニックと手間が掛かる為、作製期間も若干必要となります。

リーゲルテレスコープ(リーゲルデンチャー)

歯と入れ歯をアタッチメントで固定します。使い心地はご自分の歯と遜色ありません。入れ歯の内側のレバーを開閉させる事でロックをしたり、解除出来たりします。ただ、どなたでもこの治療を行える訳ではありません。適応症例が比較的限られてきます。ご不明点はお気軽にご相談下さい。

アタッチメント

アタッチメント義歯とは、クラスプ(留め具)の無い超精密義歯のことを言います。歯と入れ歯をアタッチメントで固定します。使い心地はご自分の歯と遜色ありません。良く咬めて、尚かつ義歯をはめている事を人に気づかれることもありません。
その精巧な仕上がりは、正に精密機械です。お口に装着する時には、メカニカルに「カチッ」とはまり、確かな安心感が得られます。インプラントを躊躇される場合の選択肢として、そして、体質的にインプラント手術が出来ない方に適しています。

 

難治性根管治療 破折歯治療 

歯の神経や、歯の根を治療する事が根管治療です。根管治療は通常目視で確認できない歯の中を0.1mm単位で細部の細部を治療する事になるので、熟練の治療技術が必要とされています。
どんなに優れた技術を持っていても、勘で処置を行う治療と目視しながら処置を行う治療どちらが確実な治療ができると思いますか?当院では600倍のマイクロスコープを使用し、根の先端まで目視して施術を行います。マイクロスコープにカメラも内蔵しているので、モニターにも表示できますし、写真として患者さんにも見えるようにする事も出来ます。
無菌治療を徹底する為、あらゆる道具の滅菌(細菌を0にする殺菌消毒の事)やガス滅菌済みラバーダムシートの使用など治療精度向上する努力をさせて頂いています。
破折した歯は患者さんに状況を説明させて頂いて、必要に応じて専用の機械を用いて感染源を除去させて頂き、破折部位の修復治療を行わせていただきます。

必要に応じてCT写真も撮らせていただいて状況の確認をさせていただきます。

歯を削らない虫歯治療(ドックベストセメント)

ドックベストセメント(Doc’s Best Cement)は歯の神経保護と抗菌作用(銅イオンの殺菌力)を持つ銅セメントです。銅イオンの持続的な殺菌力は深い虫歯治療において大変有効です。殺菌効果が1〜2日程度しか持続しない3Mix-MP抗菌剤療法より画期的な治療法です。

 虫歯菌に犯された感染歯質は、すべて取り除くのが大原則です。しかし、虫歯の進行が深いケースでは、感染歯質をすべて取ると歯の神経が出てしまう場合があります。
そのため、歯の神経を保存させるため、以前は感染歯質を残したまま3Mix-MP抗菌剤療法していました。しかし、3Mix-MP抗菌剤療法は、抗菌剤の薬が漏れないように封鎖する必要や、毎回使用する直前に調合する必要があり、この作業が完璧でないと効果がありません。
その点、 ドックベストセメントは歯科用殺菌性セメントなので完全に固まってしまい、操作が簡単でヒュマンエラーが少なくなり、治療効果のムラが少なくなります。しかも充填後、感染歯質は再石灰化し治癒してしまうという優れものです。

 また、このDoc’s Best Cementは3Mix-MP抗菌剤療法のように薬効低下はなく永続的な効果があるため、一回の治療で充分です。それに抗菌剤を使用しないため、耐性菌やアレルギー等の心配はありません。

side_tel.png
お問合せはこちら