口腔外科

親不知の抜歯

親不知は奥歯の更に奥に生えてきます。
ヒトの歯はだいたい12歳くらいまでに親不知を除いた28本の永久歯が生え揃います。しかし親不知は、18歳~22歳頃に生えてくることが多いようです。人によっては、30歳や40歳以降に生えることもあります。
このように親不知(第三大臼歯)だけが他の歯に比べて生えるのが遅く、子どもが大きくなって親が知らないころになってからやっと生える、というのが親不知の名前の由来だと言われています。

      • 歯ならびが悪くなってきた。
      • 横向きや斜めなどに生えてきてしまった。
      • 中途半端な生え方で止まってしまっている。
      • 骨の中に埋まっているけれど、レントゲン写真で見て問題がある。
      • 歯磨きが十分にできなくて親不知に大きな虫歯ができている。
      • 歯ぐきが腫れる、痛みが出る。
      • 歯が生えてきて、歯茎や頬粘膜に当たって痛い。

など親不知に伴うトラブルが多数あります。


無理して親不知を残し、他の歯が犠牲になって歯周病や虫歯を作る事の無いようにしましょう。
ただし、親知らずは絶対に抜かなくてはいけないという訳ではなく、残しておいた方が良い場合もあります。抜く・抜かないの判断も含め、親知らずに関してはお気軽にご相談ください。

顎関節症の治療

口が開かなくなったり、口が開けづらく、痛みがあるなど、個別のケースに応じて対応をいたします。症状はさまざまで、痛みを感じない患者さんもいます。また、冬場に患者さんが増えることも特徴です。
通常はレーザーで痛みを緩和して、口が開きやすいよう治療していきます。
症状が重い場合は、当院独自の開口訓練をしたり、炎症が起きないようにスプリント装置を装着して治療します。

小帯切除(発音障害、審美機能障害を起こしているスジを治療)

上唇を指で押し上げると中央部分に上唇小帯があります。この上唇小帯が大きすぎると前歯を圧迫し隙間があいてしまったり、ブラッシングがし辛く虫歯になりやすい傾向があります。
また、舌を上に上げると舌小帯があります。舌を前に出したとき、舌の先がハート型になる場合は十分に咀嚼できない、うまく飲み込めない、発音がしづらいなど、歯の健康以外にもさまざまな障害が起こる場合があります。

これら2つは子どものうちに治療することでお口の健康はもちろん、咀嚼や発音を改善することができます。

外傷や転倒による歯の治療

外傷などで完全に歯が抜けたり緩んでしまった場合、歯根膜の状態が良ければ、元の場所に戻し固定することで、受傷前の状態に戻り機能するようになります。これを「再植」と言います。
「再植」を行うには、歯の歯根膜の状態がよいことが条件となりますので、歯が抜けたときには、水で洗ったりティッシュで拭き取ったりせずに、生理食塩水や保存液につけるか、もしくは、無ければ牛乳、口の中に入れてお越しください。

時間の経過と共に細胞が死滅していきます。受傷後直ぐにお電話下さい。治療の準備をさせていただきます。

骨隆起切除等 顎骨整形手術

顎骨増生(GBR)手術

side_tel.png
お問合せはこちら